HOME > 各種お手続き・よくあるご質問 > NISA 小額投資非課税制度

各種お手続き・よくあるご質問

NISA 小額投資非課税制度

非課税期間の途中で売却できますか?
その場合、空いた枠を再利用できますか?

期間途中でも売却は可能です。
NISAは、新規購入100万円に対して適用されますので、 例えば、購入した年に売却をした場合でも、枠の再利用はできません。

NISA口座の損益と課税口座の損益を通算することはできますか?

NISA口座は課税口座と明確に区分された口座であり、損益通算はできません。

金融機関ごとにNISA口座を開けますか?

NISA口座は、一つの金融機関でのみ開設可能ですので、当金庫でお申し込みいただいた場合、 他の金融機関・証券会社では開設できず、当金庫で取り扱う投資信託(等)についてのみ、NISA口座でご購入できます。

現在保有している投資信託をNISA口座に移管することはできますか?

課税口座からNISA口座に移管することはできません。

金融機関等を経由せずに、直接発行会社から受け取る上場株式等の配当等もNISA対象になりますか?

配当等はNISA口座を開設する金融機関等経由で交付されなければ非課税とはなりません。
なお、当金庫のNISA口座で取り扱う公募株式投信の配当等については、特段の手続きを経ずとも非課税の適用を受けることができます。

平成25年1月1日以降住民票取得日までに引越しをした場合、「基準日における国内の住所を証する書類」は、どのようにすればいいですか?

平成25年1月1日時点にお住まいの市区町村で住民票の除票の写し※をご請求のうえ、 ご提出ください。
なお、同一の市区町村内で引越しをした場合は、平成25年1月1日時点の住所を証明する住民票の写し等を お住まいの市区町村にご請求のうえ、ご提出ください。

※消除された戸籍の附表の写しでもお手続きいただけます。

ページトップへ